フリーエンジニアの将来性の見通し

エンジニアとして安定した収入を得たいのであれば、堅実に会社での地位を確立していくことが方法としてあります。
職場で信頼を勝ち得ていくことで、安定して仕事を続ける事ができます。
一方で、仕事に対して物足りなさを感じることも多いです。
組織の中でいると、会社のために優先すべき事柄は多くあります。
そこで、仕事へのやりがいを求めて、独立しフリーエンジニアとして新たな再出発するのも選択です。

ただし、フリーのエンジニアの仕事を選ぶにあたっては、その仕事の将来性は自身の力次第で変わってくるという点を自覚する必要があります。
会社の中で入ると、互いに協力して足りない部分を補い合う協力ができます。
しかし、独立したフリーエンジニアは、自身一人だけが最後の頼りであるという不安のデメリットがあります。そのため、実力によほどの自信がある場合や、なんでも一人でこなすことができるような確かなノウハウを持っていなければ、フリーエンジニアの仕事にはっきりとした将来性を見い出すことが難しいです。

このように、フリーの仕事は未知数な部分も多く、将来性があるかどうかについて見極めることは困難です。
しかしむしろ、将来への不透明な部分が、会社での仕事に物足りなさを感じている人にとっては、かえって魅力的に見える部分でもあります。
たとえ将来の見通しは難しくとも、道を切り開いて自らの力で仕事ができるということには面白さがあります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です