成功した著名人で知るフリーエンジニアの道

情報技術の分野では、業界で高い名声を得て成功している著名人がいます。
通信技術の業界での世界をリードするような大企業の創業者は、一種独特な雰囲気があります。他の業界の経営者たちと異なる点は、自由を大切にしているという点です。
情報技術の発展の一端を担ってきたのは、コンピューター技術に強い興味を持ち趣味としてきた人たちです。
彼らは形式にこだわらず、柔軟な開発スタイルで情報通信技術の発展に寄与してきました。その文化は、ビジネスライクになった現代の情報技術の分野の根底にも、確かに引き継がれています。

情報技術分野の基本にある自由な文化を引き継ぐため、フリーエンジニアとして興味がある技術開発の仕事を、条件に関わらず選ぶという方法も働き方です。
開発の内容にあまり興味が無い仕事をしかたなく引き受けていくだけでは、エンジニアとしての技術力の進歩がありません。
確かに収入の安定といった生活の将来性を考えるのであれば、時には興味のない仕事も引き受ける必要があります。

一方で、フリーエンジニアとしての強い自負と誇りを持ち、あえてやりがいある仕事を選ぶといった働き方もあります。
生活のためには、堅実な将来性を考えることは重要なことです。
しかし、かつて情報技術の業界の基礎を作り上げ、企業を起こして成功した著名人を見てみれば、必ずしも安定性や将来性のみがエンジニアにとっての目指すべき目標でないことが分かります。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です